Press "Enter" to skip to content

デリヘルの仕組みをちゃんと理解

デリヘルは、場所を自由に決められる自由度の高さや、待ち合わせしてからホテルにいけるところなど、他の風俗と遊び方のバリエーションが豊富なので近年人気が高まっています。

そんな品川のデリヘルですが、独自のシステムがあったりするので初心者の方はまず品川のデリヘルの仕組みをちゃんと理解した上で利用する方がいいでしょう。

まず、場所は客が確保するので、あらかじめどこに女の子を呼び出すかしっかりと決めましょう。

ホテルなのか家なのかですが、ホテルの場合は当然ホテル代がかかります。

これは客が負担するので注意が必要。

それと、出張時にデリヘルを呼ぶ場合、ビジネスホテルを使うと思います。

ですがビジネスホテルによってはデリヘルが呼べないところもあるので、そこも事前に確認する必要があります。

それと、自宅に呼ぶ際なんですが、もしお風呂がない家だと派遣はして貰えません。

なので、風呂なしの家の場合は家ではなく、ホテルに派遣してもらいましょう。

それと交通費をとられる場合があるので、それも予約の際に確認する事も忘れないようにしましょう。

プレイ面では、本番はNGです。

店舗型風俗に比べて、デリヘルは個室に女の子と二人っきりですから、スタッフの監視もなく自由な雰囲気でエッチできます。

そのために本番したがる客が多いそうですが、本番はトラブルの元になるので出来ればさけた方がいいでしょう。

品川のホテルに派遣可能なデリヘル情報

品川デリヘル情報

品川 デリヘル
http://www.fuzoku-move.net/tokyo/shinagawa/


徳永将軍家が庇護した品川神社

源頼朝が祈り神仏の来臨を強く願ったり、太田道懽・二階堂道徳・徳川将軍家などが、しっかりと庇って守ったなどと語り継がれている、東京都にある品川神社について紹介させて頂きます。

品川神社とは、素盞鳴尊・宇賀之売命・天比理乃=命などを、祭神している神社の特徴がございます。

今から遡る事約800前年もの、平安時代の終わり頃である、文治3=1187年へと、源頼朝によって、阿房国の『洲崎明神』=千葉県館山市鎮座 洲崎神社の、天比理乃=命を、この土地に迎え入れました。

海の交通の毎日が安全である事などと、望みが必ず叶うよう、強く願われたいた事などが、始まりの大きなキッカケとなりました。

その後には、鎌倉時代の終わり時期である、元応元=1319年へと、二階堂道徳により、『宇賀之売命=お稲荷様』を祭られました。

室町時代の中頃である、文明10=1478年を迎える事で、『素盞鳴尊=天王様』を祭って行く流れとなりました。

慶長5=1600年へと入ると、徳永家康の戦である、関ヶ原の戦いによって、いざ戦地へと赴く前に、予め品川神社にお参りして、敵との闘いへと絶対に勝つ事が出来るようにと、強く願われたりしました。

以降では、祈願成就の礼などとして、『葵神輿=神輿』や、『天下一嘗の面=仮面』などが、品川神社へと慎重に献上されて行く形になりました。

寛永14=1637年へと突入する事で、三代目将軍である、徳永家光の力によって、東海寺が建てられ、品川神社がこの神様が静まり、留まっている神聖な場所とも、正式に決められていたりしました